手術方法動画

MIS(エム・アイ・エス)とは、筋肉や軟部組織(皮膚等)への負担を出来るだけ
最小限にする新しい人工関節置換術のことです。
皮膚切開を出来るだけ小さくすることで、痛みの軽減や術後リハビリの早期開始、
早期退院、そして早期社会復帰を目指しています。





手術方法動画



 MIS(エム・アイ・エス)の特長 : ポイント1
手術後の傷跡が小さくなります。
従来の手術に比べ小切開手術は約半分の傷跡で、場所も目立ちにくくなります。
一般的な手術方法では15cmから20cmもの大きな皮膚切開を行い、筋肉を大きく切り開きながら骨に達して、
人工関節を設置しています。患者さんの関節の変形の程度にもよりますが、MIS手術は、8cm〜12cm
程度の皮膚切開で従来と同じ人工膝関節の手術が出来るという画期的な方法です。

*この手術は執刀医の視野や操作も制限されるため、全ての患者さんに適応できる手術ではありません。



 MIS(エム・アイ・エス)の特長 : ポイント2
手術後の痛みが軽減されます。
小さく切開するので、軟部組織(皮膚など)や筋肉の負担も少ないため痛みの軽減が期待できます。
また、手術後の痛みも少なく早期に歩行訓練を開始できるので、車椅子や、歩行器、松葉杖のいずれかを使用して、
早期に自力でトイレや洗面に行くことが可能となります。





ホームへ戻る