2017/12/28H29.12.10 J2 MINI栄養教室

H29.12.10 J2 MINI栄養教室

ベーシック栄養学② <筋肉の材料の上手なとりかた>

筋肉の材料の上手なとりかた J2.jpg

三大栄養素の「たんぱく質」「脂質」「炭水化物(糖質)」。今回は「筋肉の材料=たんぱく質」のとりかたについてです。

たんぱく質は、筋肉や臓器、血液をつくる材料になるだけでなく、体の機能を調節するホルモンの材料、代謝に欠かせない酵素の材料、病気と闘う免疫を作る材料にもなります。

このように体にとって大切な役割を果たす「たんぱく質」ですが、他の三大栄養素の「脂質」や「炭水化物」と違って体にためておくことができません。

また、たんぱく質は過剰(体脂肪増加、腎機能低下、尿路結石)でも不足(免疫力、体力低下など)でもよくないので、

「たんぱく質」のとりかたを分かりやすく①(自分に必要な)量②(どのような食品からとればいいか)質

③(いつとればいいか)タイミングの3つのポイントに分けて説明させていただきました。

試食は「鮭のヨーグルト焼き」。

魚は調理が面倒と思われがちですが、今回は鮭を漬けだれに漬けておいてレンジで焼くだけで簡単。

「美味しかったです」や「我が家のメニューに加えます」などの試食の感想や、「たんぱく質のとり方がすごく勉強になりました」などの声がとても嬉しかったです♪♪

今回の内容と鮭のヨーグルト焼きのレシピ付きの資料は¥100で販売していますので気になる方は当院管理栄養士までお声かけください!

次回1月14日のテーマは「油の上手なとりかた、選び方」。

ご予約・お問い合わせは 

ロクト整形J2   098-957-6910(MINI栄養教室の予約とお伝えください)       (文責:管理栄養士 奥間)

ページトップ